鳥取の海を感じる サザエ飯 | 株式会社中村商店
あげ・そげ・こげ あげ・そげ・こげ

あげ・そげ・こげMEDIA

2021年06月14日鳥取の海を感じる サザエ飯

夏に産卵を迎えるサザエ。浜焼きやバーベキューなどアウトドアなイメージのあるサザエですが、今の時期、栄養たっぷりのサザエをご家庭でもいかがでしょうか。この時期に海を感じていただける一品をご紹介いたします。

サザエには蓋があります。外敵から身を守るため、蓋がピッタリと閉じています。無理にこじ開けるのは大変なので、以下の手順をおすすめします。手軽に美味しさが増しますよ。

 

※サザエは食べたい個数ご準備ください。
【材料】4人分
・サザエ(1個100g) 6個
・米 2合
・昆布だし  350cc
・サザエの煮汁  20cc
・薄口しょう油 大さじ1
・酒 大さじ1
・生姜 20g
・バター 20g
・山椒の葉 適量
※下準備の際、サザエ1個につき酒10ccほど使用します。

【下準備】
◯お米(2合)を洗う
※ザルにあげて30分ほど置いておく
◯昆布だしを 350cc準備しておく
(1)サザエの殻を流水とタワシでしっかりと洗う
(2)フライパン(小鍋)にサザエを並べ、底に少し水をはり加熱する
(3)サザエの口の部分に酒を注ぎ入れ、蓋をして5分ほど蒸し煮する
(4)フォークなどで身を取り出す
※カニフォークがあると便利です。火が通っていればスルッと簡単に取り出せます
※殻の中に溜まった煮汁は使用します
(5)蓋と肝を身から外す
※身についているヒダ(貝柱)のヒモ(はかま)も、苦味が苦手な方は取り外してください

酒蒸しするだけでも美味しいサザエですが、蒸したサザエを使用して、炊き込みご飯を作りましょう。

【つくり方】
1. サザエの身を薄くそぎ切りにする
2. お米を釜に入れ、昆布だし、酒 大さじ1、薄口しょう油 大さじ1と(4)のサザエの煮汁を入れる
3. サザエと細切りにした生姜を入れる
4. 炊飯器で炊く
※バターを20gほどご飯に混ぜるとコクが増すのでオススメです
5. お茶碗に盛り付け、山椒の葉を散らす 

コリコリとした食感が楽しい、サザエご飯。焼きおにぎりにしても食が進みます。

 

 

【番外編】
殻が可愛かったので、多肉植物入れて飾っています。

TO PAGE TOP