あげ・そげ・こげ あげ・そげ・こげ

あげ・そげ・こげMEDIA

2020年11月06日「親がに」って何の親?

鳥取では、ズワイガニの雄を「松葉がに」、雌を「親がに」と呼んでいます。今回は「親がに」についてご紹介します。

「親がに」の呼び名は、地域によって色々異なります。

セコガニ、コッペガニ、セイコガニ、香箱ガニ…、皆様も「あーっ、聞いたことある。これは知ってる!!」と馴染みの名前があるのではないでしょうか?

 

「親がに」と言うだけあって、「松葉がに」のお母さんであるこのカニには、卵がギッシリ入っています。しかも2種類も!!

1つ目は、オレンジ色で濃厚な旨味がたっぷりの「内子」。

2つ目は、プチプチ食感の「外子」。

カニ味噌と身を楽しむ「松葉がに」とは異なり、小さいながらも「身・味噌・内子・外子」の4種類の味を楽しむことができるのです。

 

11月6日に漁が解禁。「親がに」漁ができる期間は、12月末までです。とても短い期間ですが、次の年もその次の年も「松葉がに」を楽しむためには必要なこと。貴重な「親がに」も「松葉がに」と同様に、重さや品質で分類され、競りにかけられます。

 

中村商店では、鳥取賀露港で水揚げされた「親がに」を、新鮮なまま皆様の食卓へお届けいたします。

 

TO PAGE TOP